意外と知られていない、更年期症状としての貧血

40代に入ってからだらだらと続く体の不調に悩まされている女性もいらっしゃることでしょう。
病院に行くほどでもないけれど、ずっと立っているのが辛かったり、朝起きにくかったり、睡眠をとっても倦怠感が抜けなかったり。

家庭にあっても職場にあっても、この年代はいろんな責任やしがらみが多い時期。これまでのように動けなくなると精神的にもイライラしたり落ち込んでしまうこともあるでしょう。実はこの症状、

『潜在性鉄欠乏性貧血』かもしれません。

【更年期と貧血の関係】
更年期障害とは、ホルモンの分泌量の変化が自律神経系に作用して引き起こされるものです。この時期に赤血球が不足すると、心身ともに不調が強く現れてしまいます。
これまで赤血球が多少不足していても、特に貧血症状を感じない場合があります。それが、更年期に入り急に影響をうけるようになります。とくに食事や生活リズムを変えなくても、体が貧血状態に耐えられなくなるのです。更年期にがんばりが利かなくなることの原因のひとつに、この「隠れ貧血」の顕在化があります。

【こんな場合は貧血対策を!】
貧血というと、朝礼や電車の中で倒れてしまうような激しいものをイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそれだけではありません。めまいや疲労感のほか、動悸や息切れなども貧血が原因で起こるることがあるのです。更年期に入ってからこのような不快な症状が出た場合、貧血の可能性も視野にいれたほうが良さそうです。

【鉄分の補給が効果的】
更年期全般に効果のある漢方薬やサプリもいいのですが、貧血が主な症状の場合、鉄分が含まれる食べ物やサプリを補給するほうが近道である場合もあります。
また、鉄分が含まれていればよいというものでもありません。体に吸収されやすいのは肉・魚に含まれるヘム鉄です。植物や卵に含まれる非ヘム鉄は、吸収率がヘム鉄に比べ五分の一になります。
ただ非ヘム鉄であっても、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂ることで吸収率が上がるので、意識して食事に取りいれるといいでしょう。

【手軽に摂りたいのならサプリメントを】
食べ物からヘム鉄を摂取するとなると、主に肉や魚に頼ることになります。しかし大量に摂るとなると、コレステロールやカロリーの過剰摂取が心配になりますよね。肉や魚に加え、鉄分やビタミンCを多く含む野菜や果物も多く取り入れて、バランスには気を配りたいですね。
ただ、いつもそんなに気を使っていられない、という方には、忙しいときでもサッと飲めるサプリメントがおすすめです。何年も続く更年期だからこそ、長く続けることができるその方にあった対処法を選ぶことが大切です。

なお、貧血には怖い病気が潜んでいることがあります。しつこい貧血に悩まされる場合は、自己判断せずに医療機関に相談することを強くおすすめします。

更年期障害の症状の中の一つのイライラ感や焦燥感

更年期障害の症状の中の一つの、イライラ感や焦燥感について説明を書きます。どうして更年期になるととかくイライラしてしまいがちになるのか、そんな精神的な症状が出た場合はどのように処置したら最善なのかなどを、ご説明します。本当にイライラや焦燥感を体験した更年期女性の体験談を基に作成した記事なので情報内容は確実性が高いです。

[そのイライラ、焦りが気になりだしたら更年期の証拠]

『気が付いたら、いつも何かに追われ、せっつかれている感じがする』、『常にイライラ怒ってばかりで、家族が不満そう』なんて人はいませんか?

イライラの他にも、不眠や肩こり、倦怠感などの症状が同時に惹起しているようなら、更年期が原因あると思って間違いないです。更年期中の女性は、ホットフラッシュや生理不順などの身体症状の他に、イライラや焦燥感、うつ感情など、精神的な症状が出現する頻度が高いです。

激しく気分が落ち込んだ場合のように、自覚できる症状ならばすぐ分かるのですが、イライラや焦りというのは自分でも気が付かないものです。本当は、家族から指摘されて気が付くケースが殆どです。

家族に『最近はいつも怒ってばかりで何だかすごく変!』などと突然言われるようなことがあったら危険信号だと思います。

[更年期のイライラはどうして発症するのか?]

更年期に生じるイライラや焦燥感という精神的な症状は、女性ホルモンの低減が原因なんだそうです。ホルモンの一種のエストロゲンは、女性の精神状態を安定させる働きもありますから、閉経に伴いエストロゲン分泌量が低減し、ホルモンバランスが急激に変貌することにより、精神のバランスを崩壊してしまうことが増えるのです。

さらに、更年期を迎える女性は、子供の手が離れたり生活にも変化が起きる時期なので、多種多様な要因が重なり精神的な症状が出現しやすいと考えられています。

[イライラが起きたらどのように対応しますか?]

まず最初に、現在起きている症状は、自分の性格的な問題が原因ではないし、努力不足のせいでもなく、更年期障害によるものだと認識することがとても大事なことです。さらに、更年期の症状は一過性なものだと理解しましょう。そして、家族やパートナーにしっかりと順序だてて説明して、完治のための協力を求めましょう。家族や周りの人に理解と強力をしてもらえるかどうかが、更年期を乗り越えるために大事なキーポイントとなります。

このイライラが自分のせいではないと自覚するだけで、非常に気分が軽くなるし、周囲の人もすごく対処しやすくなります。少しでも精神的に何処かが変?と思ったら、すぐに身近な人やお医者さんに相談してみると良いでしょう。

誰にでも起こりえる更年期障害を漢方で改善


私が更年期障害なのでは?と薄々感じ初めたのは娘と車に乗っている時でした。去年の2月、まだ風も冷たく体の芯から冷えるような時期に、火照りを感じて車を運転していても暑くて暑くて窓を開けずにはいられないほどでした。

今日はちょっと暑いね!窓を開けるよ!と言うと娘が不思議そうな目でこちらをみてきました。

お母さん寒い。暖房入れたいくらいだよ。というのです。娘は寒がりだから私と体感温度が違うせいだと思いましたが、これは息子と車に乗ったときまた、5歳年下の主人の時も同じことがありました。もう暑くて火照って、密室に居るといつもお風呂上がりのような気分になってしまうのです。

様々な症状を引き起こす更年期障害

次に現れた症状は不眠です。疲れていたら今までは30分以内で寝れていたほど寝付きのいい体質だったのに、どんなに疲れていても夜中まで眠れず、寝てもすぐに起きてしまったりと、寝付きの悪さがめだってきました。

不眠のせいで日中はだるくて何もやる気がおきず、こまっていました。この時はこの症状までもが更年期障害の症状にあたるとは考えてもいませんでした。

更年期障害は倦怠感も現れるそうです。私は病院でこれらの症状をはなすと、更年期障害だと診断されました。50歳を過ぎ、ホルモンバランスが変化してきたことによって引き起こされているようです。

漢方で体質改善

病院の薬を飲むのが一番良いと思うのですが、まずは体に負担の少ない漢方の力を借りようと思い、『ルビーナ』という漢方を1日3回1回3錠のむようにしました。

漢方ということもあり、即効性はありませんでしたが、のみ初めて1ヵ月ほどしたら、血の巡りが改善させたのか、むくみがなくなってきて、節々の痛みが解消されまそた。そして、お風呂に入ったあとすぐに冷たくなってしまっていた手足の指先もあまり冷えなくなったのか、体の温まりも早く寝付けるようにならりました。

効果が出てきたので1年間続けて飲み、すると火照りや身体中カッカする暑さはなくなってきました。漢方の力を借りましたが、自分は大丈夫だろうと思っても年齢によるホルモンバランスには勝てないと思い、今後もルビーナを飲み続けていこうと思いました。

女性ホルモンのバランスを整えることが健康維持のポイント

女性は子宮があることから女性ホルモンを分泌しています。生理がくるとプロゲステロンというホルモンを出します。これは子宮膜を厚くして赤ちゃんができても守る役割を作ってくれます。また排卵前はエストロゲンというホルモンを出して精子が子宮に届きやすいようにおりものなどもでてきます。

またエストロゲンが分泌されているとお肌がキレイになりやすいホルモンでもあります。
このホルモンがバランスよく分泌されていると体の状態がよいも言われますが、女性はとても繊細で、ストレスや不規則な生活ですぐにホルモンバランスが乱れます。

そうすると排卵障害や低体温や自律神経への影響、ニキビや肌荒れなどさまざまな影響を与えてしまいます。

だからこそ女性ホルモンを整えることがとても大切です。
そのためにできることは、食事や睡眠などのライフスタイルの見直し、ストレスフリーになるように解消方法を見つけること、あとは冷え症の改善も必要です。

1食事

まず食事は、バランスよく栄養をとることです。また食べ過ぎは胃や腸への負担が大きいので、腹八分目以下でもいいくらいでしょう。

女性ホルモンには大豆をよくとるとよいとも言われますが、あくまでも心がけるということであって大豆ばかりとっててもダメです。バランスよく栄養を取り入れることが1年後や5年後の健康につながります。

2、ライフスタイル
質のよい睡眠をとることも必要です。仕事で疲れて帰ってきたら遅くまでテレビを見てしまったということもあるでしょう。

しかし、近年は仕事での拘束時間も長くテレビやスマホなどで常に交感神経が働きやすい状態になりがちです。

だからこそ副交感神経を働かせるリラックスな時間を積極的にとりいれることが大事です。

3、冷え症改善

ホルモンバランスが乱れると体温に出ます。だいたい冷え症の方が多いです。冷え症は万病の大元とも言われるため、早いうちから改善しとくことをオススメします。

運動したり、お風呂につかったり足湯することも大切です。また生姜を積極的に取り入れることもオススメです。

以上、改善方法についてもお伝えしましたが、まずは自身の状態を把握するためにも基礎体温からつけてみるのもよいのではないでしょうか。

あなたは大丈夫?40代からの女性が気をつけたい病気

40代の女性は仕事でも責任ある立場についていたり、家庭でも子育てや家事に大忙しだったりと、なかなか自分の体をかえりみる時間も取れないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、女性の40代は、さまざまな病気にかかるリスクが高まる時期でもあります。
今日は、40代の女性が多くかかると言われている病気についてお話しましょう。

病気は気をつけることで未然に防いだり、早期発見することも可能です。
あなたも、自分の健康を過信せず、こまめに健康診断や人間ドックを受けるようにしてくださいね。

【更年期障害】

40代半ばになってくると、女性ホルモンが減少し、さまざまな症状が出てきます。これを更年期障害と呼びます。
主な症状としては、のぼせやほてり、発汗や手足の冷え、精神不安定などなど。

もしあなたにこのような自覚症状があったら、一度病院に相談してみましょう。更年期障害の症状をやわらげるお薬を処方してもらえますよ。

また、同じような症状がでる他の病気(甲状腺の病気や心臓疾患など)の可能性もありますから、早めに受診したほうが良いでしょう。

【乳がん・子宮がん】

日本人女性の16人に一人がかかるとも言われる乳がんは、40代50代でかかる危険性が最も高いそうです。

乳がんは、自分で発見できるがんです。40代になったら、月に1度は自分で乳房や分泌物を鏡でみたり、触ったりしながらチェックする習慣をつけましょう。

また乳がんは早期発見がとても重要です。40代になったら、2年に一度は乳がん検診を受けることをおすすめします。

加えて、子宮がんも40代に多くみられる病気です。

子宮がんには子宮体がんと子宮頸がんの二種類がありますが、いずれも早期発見であればほぼ完全に治すことができます。

40代になったら、かかりつけの婦人科を見つけ、定期的に検診を受けるようにしましょうね。

【骨粗しょう症】

骨粗しょう症はおばあさんの病気と思われているかもしれませんが、最近は食生活や生活習慣の影響もあって、40代の女性にも骨粗しょう症の予備軍とされる人たちが増えてしまっているようです。

骨粗しょう症は骨の密度や骨の量が減少し、スカスカになってしまう病気です。骨折をしやすくなったり、背中が曲がってしまったりします。
骨粗しょう症は改善や予防が可能な病気です。40代から意識的にたんぱく質とカルシウムを多く取るようにしたり、適度に運動するなどすることによって、予防できますよ。ぜひ気をつけてみてくださいね。

年期は上手に付き合っていくことで生活改善

最近、疲れやすくなったり気分の浮き沈みが激しくなるなど体の変化を感じるようになったら女性は特に40歳を過ぎた頃からは更年期かもと疑ってみても不思議ではありません。

暑くないのに汗をかいたり、気持ち悪くなるなど個々において症状の違いはありますが女性ホルモンバランスが崩れることで何かしら体の変化はでてきます。

ホットフラッシュや動機など自分で治すのは難しいため婦人科へ行ってホルモン剤など処方されることもありますが、やはりホルモン剤は合う合わないもありますし、サプリメントなどで更年期と向き合っていくのも無理なく整えることができ安心して過ごせます。

エクオールサプリで更年期対策

まず更年期に効果があるサプリメントとして人気があるものがいつくかありますが、特に注目されているのはエクオールサプリです。サプリメントは毎日摂るものですし、体に入れても副作用がない物を選びたいはずです。更年期に効果があるイソフラボンは過剰摂取することで副作用が起きることもあるため注意が必要になります。

エクオールサプリは過剰摂取することがないため安心して継続することができます。また健康的な生活を過ごしていくことで体の体調も整ってくるため、適度な運動とバランスよい食事など積極的に取り入れることは重要になります。

エクオールサプリの成分

やはり毎日摂取するサプリメントの成分は気になるところでしょう。エクオールサプリの成分は腸内細菌の働きによりエクオール産生菌が生産されるのでエクオールサプリを直接取り入れることで副作用もなく更年期障害も和らいできます。

飲み始めてから1週間ほどで変化を実感できるようになるため辛い症状なども改善されていくのがわかります。

今まで体がだるい、疲れやすいイライラするなど更年期特有の症状が出ていた方などもエクオールサプリを飲むことで少しずつ変化してくるため嬉しいと感じる方も多いですし、睡眠も十分に取れるようになるため生活リズムが改善されてきます。

あきらめるのはまだ早い!40代からのダイエット

40代になると、女性は全体的に丸みをおび、いわゆる『おばさん体型』になってしまいますよね。

洋服も何だか似合わなくなるし、何とかしたいと思って悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし40代の体は若いときと比べてやせにくいとも言われています。『それは分かっているけれど、どうにかしたい!』という人のために、今日は40代からのおすすめダイエット方法をご紹介します。

冷えが大敵!体を冷やさない工夫をしよう!

体が冷えてしまうと、代謝も落ちてしまいます。ただでさえやせにくい体質になる傾向がある40代女性は、とにかく体を冷やさないことがとても大切です。

毎日口にする飲み物も、常温のものか温かいものを積極的に取るようにしましょう。お風呂あがりなどもせっかくあたたまったのに、冷たいビールなんか飲むと、体が内側から一気に冷えてしまいますからご注意を!

体を温めるといわれている、ショウガやネギ、唐辛子などの食材を日頃から多く取るようにすることも大切です。

内臓からしっかり温めて、代謝の良い、やせやすい体質づくりをしましょう。

ウォーキングなどで無理のない運動を!

ダイエットに大切なのは、適度な運動です。しかし女性の40代は毎日忙しく、ジムに行く暇なんてないでしょう。

そんなときにおすすめなのが、ウォーキングです。全身を使う有酸素運動ですが、ランニングとは違い体力が落ちた40代女性でも無理なく続けられます。

継続的にこういった運動を続けていけば、適度な筋肉もつき、ますます脂肪が燃焼しやすい体が出来上がります。

40代のダイエットは急激に体重を落とすことは難しいですが、ゆっくりしたペースで運動を続けてみましょうね。

普段の生活にもちょっとした工夫を

体力が落ちてきている40代女性は、ついついエレベーターを探してしまったり、電車の中でも空席を探したり、手すりによりかかったりしてしまいがちです。

しかし、そんなちょっとした時間に、少し意識を変えるだけで、やせやすい体に変身できるのです。

エレベーターは使わずに階段を利用し、電車では姿勢を正して、お尻やお腹を引き締めるイメージできれいに立ってみましょう。

オフィスでも、足を組んだり猫背になったりしないように気をつけるだけで、全然体が違ってきますよ。
40代のダイエットは大げさなことをするのではなく、日常的にやせやすい体につながるような小さな努力を少しでも長く継続することのほうが、大切なのかもしれませんね。