更年期障害の症状の中の一つのイライラ感や焦燥感

更年期障害の症状の中の一つの、イライラ感や焦燥感について説明を書きます。どうして更年期になるととかくイライラしてしまいがちになるのか、そんな精神的な症状が出た場合はどのように処置したら最善なのかなどを、ご説明します。本当にイライラや焦燥感を体験した更年期女性の体験談を基に作成した記事なので情報内容は確実性が高いです。

[そのイライラ、焦りが気になりだしたら更年期の証拠]

『気が付いたら、いつも何かに追われ、せっつかれている感じがする』、『常にイライラ怒ってばかりで、家族が不満そう』なんて人はいませんか?

イライラの他にも、不眠や肩こり、倦怠感などの症状が同時に惹起しているようなら、更年期が原因あると思って間違いないです。更年期中の女性は、ホットフラッシュや生理不順などの身体症状の他に、イライラや焦燥感、うつ感情など、精神的な症状が出現する頻度が高いです。

激しく気分が落ち込んだ場合のように、自覚できる症状ならばすぐ分かるのですが、イライラや焦りというのは自分でも気が付かないものです。本当は、家族から指摘されて気が付くケースが殆どです。

家族に『最近はいつも怒ってばかりで何だかすごく変!』などと突然言われるようなことがあったら危険信号だと思います。

[更年期のイライラはどうして発症するのか?]

更年期に生じるイライラや焦燥感という精神的な症状は、女性ホルモンの低減が原因なんだそうです。ホルモンの一種のエストロゲンは、女性の精神状態を安定させる働きもありますから、閉経に伴いエストロゲン分泌量が低減し、ホルモンバランスが急激に変貌することにより、精神のバランスを崩壊してしまうことが増えるのです。

さらに、更年期を迎える女性は、子供の手が離れたり生活にも変化が起きる時期なので、多種多様な要因が重なり精神的な症状が出現しやすいと考えられています。

[イライラが起きたらどのように対応しますか?]

まず最初に、現在起きている症状は、自分の性格的な問題が原因ではないし、努力不足のせいでもなく、更年期障害によるものだと認識することがとても大事なことです。さらに、更年期の症状は一過性なものだと理解しましょう。そして、家族やパートナーにしっかりと順序だてて説明して、完治のための協力を求めましょう。家族や周りの人に理解と強力をしてもらえるかどうかが、更年期を乗り越えるために大事なキーポイントとなります。

このイライラが自分のせいではないと自覚するだけで、非常に気分が軽くなるし、周囲の人もすごく対処しやすくなります。少しでも精神的に何処かが変?と思ったら、すぐに身近な人やお医者さんに相談してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です