女性ホルモンのバランスを整えることが健康維持のポイント

女性は子宮があることから女性ホルモンを分泌しています。生理がくるとプロゲステロンというホルモンを出します。これは子宮膜を厚くして赤ちゃんができても守る役割を作ってくれます。また排卵前はエストロゲンというホルモンを出して精子が子宮に届きやすいようにおりものなどもでてきます。

またエストロゲンが分泌されているとお肌がキレイになりやすいホルモンでもあります。
このホルモンがバランスよく分泌されていると体の状態がよいも言われますが、女性はとても繊細で、ストレスや不規則な生活ですぐにホルモンバランスが乱れます。

そうすると排卵障害や低体温や自律神経への影響、ニキビや肌荒れなどさまざまな影響を与えてしまいます。

だからこそ女性ホルモンを整えることがとても大切です。
そのためにできることは、食事や睡眠などのライフスタイルの見直し、ストレスフリーになるように解消方法を見つけること、あとは冷え症の改善も必要です。

1食事

まず食事は、バランスよく栄養をとることです。また食べ過ぎは胃や腸への負担が大きいので、腹八分目以下でもいいくらいでしょう。

女性ホルモンには大豆をよくとるとよいとも言われますが、あくまでも心がけるということであって大豆ばかりとっててもダメです。バランスよく栄養を取り入れることが1年後や5年後の健康につながります。

2、ライフスタイル
質のよい睡眠をとることも必要です。仕事で疲れて帰ってきたら遅くまでテレビを見てしまったということもあるでしょう。

しかし、近年は仕事での拘束時間も長くテレビやスマホなどで常に交感神経が働きやすい状態になりがちです。

だからこそ副交感神経を働かせるリラックスな時間を積極的にとりいれることが大事です。

3、冷え症改善

ホルモンバランスが乱れると体温に出ます。だいたい冷え症の方が多いです。冷え症は万病の大元とも言われるため、早いうちから改善しとくことをオススメします。

運動したり、お風呂につかったり足湯することも大切です。また生姜を積極的に取り入れることもオススメです。

以上、改善方法についてもお伝えしましたが、まずは自身の状態を把握するためにも基礎体温からつけてみるのもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です