あなたは大丈夫?40代からの女性が気をつけたい病気

40代の女性は仕事でも責任ある立場についていたり、家庭でも子育てや家事に大忙しだったりと、なかなか自分の体をかえりみる時間も取れないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、女性の40代は、さまざまな病気にかかるリスクが高まる時期でもあります。
今日は、40代の女性が多くかかると言われている病気についてお話しましょう。

病気は気をつけることで未然に防いだり、早期発見することも可能です。
あなたも、自分の健康を過信せず、こまめに健康診断や人間ドックを受けるようにしてくださいね。

【更年期障害】

40代半ばになってくると、女性ホルモンが減少し、さまざまな症状が出てきます。これを更年期障害と呼びます。
主な症状としては、のぼせやほてり、発汗や手足の冷え、精神不安定などなど。

もしあなたにこのような自覚症状があったら、一度病院に相談してみましょう。更年期障害の症状をやわらげるお薬を処方してもらえますよ。

また、同じような症状がでる他の病気(甲状腺の病気や心臓疾患など)の可能性もありますから、早めに受診したほうが良いでしょう。

【乳がん・子宮がん】

日本人女性の16人に一人がかかるとも言われる乳がんは、40代50代でかかる危険性が最も高いそうです。

乳がんは、自分で発見できるがんです。40代になったら、月に1度は自分で乳房や分泌物を鏡でみたり、触ったりしながらチェックする習慣をつけましょう。

また乳がんは早期発見がとても重要です。40代になったら、2年に一度は乳がん検診を受けることをおすすめします。

加えて、子宮がんも40代に多くみられる病気です。

子宮がんには子宮体がんと子宮頸がんの二種類がありますが、いずれも早期発見であればほぼ完全に治すことができます。

40代になったら、かかりつけの婦人科を見つけ、定期的に検診を受けるようにしましょうね。

【骨粗しょう症】

骨粗しょう症はおばあさんの病気と思われているかもしれませんが、最近は食生活や生活習慣の影響もあって、40代の女性にも骨粗しょう症の予備軍とされる人たちが増えてしまっているようです。

骨粗しょう症は骨の密度や骨の量が減少し、スカスカになってしまう病気です。骨折をしやすくなったり、背中が曲がってしまったりします。
骨粗しょう症は改善や予防が可能な病気です。40代から意識的にたんぱく質とカルシウムを多く取るようにしたり、適度に運動するなどすることによって、予防できますよ。ぜひ気をつけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です